ベリサイン、root化等された端末への電子証明書発行を禁止可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ベリサイン、root化等された端末への電子証明書発行を禁止可能に


掲載日:2012/02/21


News

 日本ベリサイン株式会社は、スマートフォン/タブレット型端末などのスマートデバイス向け証明書発行ソリューション「ベリサイン マネージドPKI for Device」(MPKI for Device)に、Jailbreak/root化された端末を検知できる機能を追加し、2月20日以降順次提供を開始する。

 「ベリサイン マネージドPKI for Device」は、指定した端末のみを企業のネットワークにアクセスさせたいというニーズに対応できるアウトソースの認証サービス。認証局の運用/管理を同社が行なうため、初期投資コストを抑えられる。

 今回追加された機能では、スマートフォン/タブレット型端末への証明書の配布や管理を行なう専用アプリ「MPKI Client」が、Jailbreak/root化された端末を検知し、不正な端末への証明書の発行を禁止できるため、企業の端末利用のセキュリティ強化を図れる(禁止しない設定も可能で、その場合は「MPKI Client」上で警告される)。また、検知結果は管理者向け設定/管理ツール“デバイスIDマネージャ”に記録される。

 同機能は「MPKI Client」をバージョンアップすることで利用できる。iPhone/iPad向けはApp Store、Android OS向けはAndroid Marketから、それぞれ順次公開され次第、無償でダウンロードできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI
4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038211


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ