日本HP、モバイルプリント対応のA4インクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、モバイルプリント対応のA4インクジェットプリンタを発売


掲載日:2012/02/17


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、SOHOから中小・中堅企業に適した、ビジネス向けのA4カラーインクジェットプリンタ3機種を3月1日に発売する。

 今回発売されるのは、プリント、コピー、スキャン、FAX機能を搭載するA4複合機の最上位機種「HP Officejet Pro 8600 Plus」とスタンダードモデル「HP Officejet Pro 8600」、「8600 Plus」と同等の高速プリントを行なえる単機能プリンタ「HP Officejet Pro 8100」の3機種。

 新プリントエンジンを採用したことで、印刷速度が「8600 Plus」「8100」でモノクロ毎分20枚、カラー毎分16枚、「8600」で同18枚/13枚に高速化されている。シャープにプリントできる新開発の顔料インク「HP 950番」シリーズを採用し、ビジネス文書に求められる優れた耐水性、にじみ耐性を備えているほか、黒インクは2300枚、カラーインクは1500枚印刷できる大容量インクカートリッジに対応し、A4カラー1枚当たり約6.27円の低ランニングコストを達成している。

 新たにインクが1色切れても印刷できる“インクバックアップ機能”、用紙を半減できる“両面印刷機能”を標準搭載している。「8600 Plus」「8600」はプリンタの電源オン/オフを指定できる“スケジュールオン・オフ機能”を搭載するなど、省エネ機能を搭載し、フロントモニタのecoボタンから簡単にアクセス、設定できる。また、全機種が有線/無線LANを搭載し、メールが送れるデバイスを利用してOfficeファイルなどを印刷できる“HP ePrint”など5種類のモバイルプリント機能に対応している。

 「8600 Plus」は、直感的に操作できる4.3インチ大画面タッチスクリーン、自動両面対応ADF、A4より一回り大きいリーガルサイズに対応するフラットベッドスキャナなどを備えている。「8600」は、自動両面印刷機能、リーガルサイズ対応のADFスキャン機能、USBメモリやメモリカードからPC不要で印刷できるダイレクトプリント機能などを標準搭載している。また、「8100」は、用紙切れや紙詰まりなどのエラー、インク残量、ネットワーク接続状態などを分かりやすく表示する2インチのカラーステータスモニタを搭載している。

 価格は、「8600 Plus」が3万1400円、「8600」が2万3800円、「8100」が1万9000円。


出荷日・発売日 2012年3月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038169


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ