ワイズワークスプロジェクトなど、ASP型広報支援システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワイズワークスプロジェクトなど、ASP型広報支援システムを提供


掲載日:2012/02/16


News

 株式会社ワイズワークスプロジェクトと株式会社ジャパン通信社は、広報業務をサポートするASP型の広報支援システム「広報太郎」の提供を4月上旬に開始する。販売予定価格は、月額1万5000円。別途初期費用2万円が必要になる。

 「広報太郎」は、プレスリリース・メディアリスト・掲載結果、名刺データ・取材報告書・掲載結果など、取材対応に付随する一連のデータを相互にリンクさせ、必要な情報を迅速に引き出せる。また、発行部数・常設コーナー・記事掲載傾向などを掲載した媒体データや地域名・収容人数などを掲載した会場データなど、独自に収集したデータや広報レポートを作成する機能を備え、配信先選定・会場選定や広報業務に必要なデータ集計・グラフ作成までを容易に行なえるため、広報業務の効率化を図れ、戦略的な広報業務を行なえる。

 広報レポート作成機能では、クリック操作で指定期間の時系列掲載推移グラフ、掲載数媒体種別グラフ、広告換算値媒体種別グラフなどを盛り込んだ“簡易広報レポート”を作成できる。“掲載結果一覧リスト”も合わせて出力することで、データ集計・グラフ作成業務の効率化も図れる。

 媒体検索機能では、新聞・雑誌2233紙誌・Webニュース311サイトを収録、発行社連絡先などの基礎情報に加え、発行日・発行サイクル・発行部数・常設コーナー・掲載実績ジャンルなどの情報も収録している。これらの情報を条件検索で絞り込むことで、より効果的にプレスリリース配信メディアを選定できる。また、主要都市の会場データを収録した“会場検索機能”を利用して、住所・URL・電話番号・最寄駅・徒歩時間・最大収容人数など必要な条件で検索することで、記者会見・発表会など目的に応じた適切な会場を探せ、緊急の記者会見を設定する際などに利用できる。

 各種ニュースサイトに特化した検索エンジンを搭載していて、自社の掲載記事を収集できるほか、競合他社情報、業界情報収集などの日課業務の効率化を図れる。また、オプションコンテンツとして、広報業務に利用できるデータを随時拡大する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「ワイズワークスプロジェクト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038150


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ