JS、PC・スマホで同期するスキャナ同梱クラウドSync名刺管理発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS、PC・スマホで同期するスキャナ同梱クラウドSync名刺管理発売


掲載日:2012/02/15


News

 株式会社ジャストシステム(JS)は、PCとスマートフォンで同期して、名刺情報を閲覧でき、スマートフォンからも名刺を取り込めるPC・スマートフォン・クラウドSync名刺管理ソフト「スマート名刺管理[高速カラースキャナセット]」を3月16日に発売する。通常版の価格は1万8800円(税込)。

 「スマート名刺管理[高速カラースキャナセット]」では、同梱の高速カラースキャナを使用して、大量の名刺を短時間で取り込めるほか、Android端末やiPhoneといったスマートフォンで撮影した名刺をOCR認識して登録できる。名刺情報は、Googleコンタクト(Gmail連絡先)を介してPCとスマートフォンで同期でき、時間や場所を問わず閲覧できる上、連携機能を使用して様々な活用が行なえる。

 Android端末に「スマート名刺管理 for Android」を、iPhoneに「スマート名刺管理 for iPhone」(いずれも3月上旬に別途無料ダウンロード提供)をインストールすることで、Googleコンタクトを利用してPCとスマートフォンで名刺情報を同期して、閲覧できる。スマートフォンアプリで撮影した名刺をアプリ内でOCR認識して登録できるほか、スマートフォンでは、登録した名刺情報から電話やメール送信を行なえる。なお、同期できるのは、PC1台とスマートフォン1台までで、同期できるスマートフォンは、Android端末またはiPhoneのいずれか1台。

 1枚を0.3秒で高速スキャンできる小型軽量のスキャナが同梱され、600dpi、24ビットカラーなので、高精度に名刺情報を認識して登録できる。また、漢字かな変換エンジン“KOTA”を搭載(Windows版のみ)、適切な読みがふられるため、名刺情報は簡単な操作でカテゴリ分けして分かりやすく整理できる。キーワードからの検索や、カテゴリや期間を指定して検索することもでき、必要な情報をすばやく検索・活用できる。

 日本語や英語、中国(簡体・繁体)など23ヵ国24言語に対応し、表面と裏面で言語が異なる名刺の場合でも認識して管理できる。また、登録した名刺情報は、Googleコンタクト、Outlook、Salesforceなどと同期でき、ExcelやCSV、ContactXMLなどの形式で出力できるため、はがきソフトの住所録作成などに活用できるほか、日本語入力システム「ATOK」に取り込んで、読みから氏名、住所やメールアドレスに変換できる辞書も作成できる。Googleマップと連携し、地図や路線を検索できる機能なども搭載している。


出荷日・発売日 2012年3月16日 発売
価格 通常版:1万8800円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038149


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ