PFU、検疫ソフトの新版でスマホやタブレットなどの検疫に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PFU、検疫ソフトの新版でスマホやタブレットなどの検疫に対応


掲載日:2012/02/15


News

 株式会社PFUは、検疫ソフトウェアを機能強化した「iNetSec Inspection Center V7.0」を発売した。

 「iNetSec Inspection Center V7.0」では、PCに加えスマートフォンやタブレット端末などの検疫に対応し、スマートデバイスの安全な社内・学内利用を支援する。

 キッティング済みの端末を支給して利用させる“社給のスマートデバイス”運用に関しては、Android端末/iOS端末の機器認証(MACアドレス認証)に対応しているため、社内ネットワークに接続できる端末を社給に限定でき、ネットワーク不正接続を防止できる。

 私物のスマートデバイスの運用(BYOD)に関しては、Android端末/iOS端末の“OSバージョン検査”、Android端末の“必須ソフトの導入検査”などを行なえる。これらにより、“最新バージョンにアップデートされているiOS端末、または、ウイルス対策ソフトが導入されているAndroid端末”といった最低限のセキュリティ対策を確保できる。


出荷日・発売日 2012年2月14日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス 【シマンテック】 サイバー攻撃の大半は防げる? その要となる脆弱性対策の秘訣とは? 【NEC】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス サイバー攻撃の大半は防げる? その要となる脆弱性対策の秘訣とは? 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038139


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ