クライム、Java対応のBIとレポーティング・システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、Java対応のBIとレポーティング・システムの新版を発売


掲載日:2012/02/14


News

 株式会社クライムは、BI(ビジネス・インテリジェンス)とレポーティング・システム・ファミリの新版4製品を発売した。

 今回発売されたのは、Webベースのエンタープライズ型BIダッシュボード・システム「EspressDashboard Ver6.6」、シンクライアント型のレポーティング・アプリケーション・ソフトウェア「EspressReport ES(Enterprise Server)Ver6.6」、サーバサイドJavaレポート・ツール「EspressReport Ver6.6」、サーバサイドJavaチャート・ツール「EspressChart Ver6.6」の4製品。より高速に、使いやすく改良されている。

 「EspressDashboard Ver6.6」「EspressReport ES Ver6.6」では、データ・レジストリ/マップ/ダッシュボード用のPAKファイルをサーバ間で共有できる。また、複数管理者に対応したほか、GUIでCSVファイルから利用者情報をインポートできる。LDAPユーザは既存のActive Directoryを修正せずに統合できる。サーチ・ダイアログ機能により、直接ファイルとフォルダを検索できる。ダッシュボード上のチャートのツールチップに対応し、簡単に詳細情報を取得できる。ランタイム・パラメータ値を指定でき、ドリルダウン・レベルでパラメータに依存するコンテンツを表示できる。スマートフォンやタブレット上で直感的タッチ・スクリーン・ジェスチャを使用できる。

 「EspressReport Ver6.6」では、レポート/サブレポート/ドリルダウン間でシームレスに移動できるPAKファイルを用いて、簡単/効率的に共同作業できる。また、“ALL”パラメータ値を使用でき、個別選択不要ですべての値を選択できる。DHTMLのラウンド・コーナー(角を取る)がカスタマイズ化のエレメントとして追加されたほか、レポート・セル内に縦書きテキストを挿入でき、ビジュアル的要望に対応できる。

 「EspressChart Ver6.6」では、上位と下位を指定する“Top N and Bottom N”オプションを用いて、キー・パフォーマンス・メトリックの概要を取得できる。また、トレンド(傾向)に関して、更に正確なイメージを提供する“スムース・トレンド・ライン”を利用できる。各チャートでの階調度を詳細に設定できるほか、ガントチャートに現在の数値として垂直線を挿入でき、プロジェクトの進捗状況を表示したい時点にラベルを付けられる。


出荷日・発売日 2012年2月13日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 QlikView 【クリックテック・ジャパン】
BI BI BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038124


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ