事例:日本政策金融公庫がPSTCの文書管理/ワークフローを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本政策金融公庫がPSTCの文書管理/ワークフローを導入


掲載日:2012/02/13


News

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、文書管理システム「GlobalDoc5」とワークフローシステム「GlobalFlow5」を株式会社日本政策金融公庫に納入したと発表した。

 日本政策金融公庫の中小企業事業では、業務処理に必要な書類が膨大で、紙文書の保管の手間やスペースが大きな課題になっていた。また、決裁に多くの関係者・責任者の押印が必要で、意思決定に時間がかかるなど、業務遂行に支障をきたすこともあった。そこで、紙文書の削減と承認経路のスリム化に取り組み、文書管理とワークフローのシステムを導入した。

 職員が出社しPCを起動すると自動的に社内ポータルサイトが起動し、各部門からの発信文書が、“重要”“規定”“依頼”“連絡”事項の4つに区分されて掲示される。これらの発信文書が「GlobalDoc5」で管理されている。例えば、文書のタイトルに“対象者”“発信元”“内容の一部”を必ず付加することで、視認性の向上を図っている。また、「GlobalDoc5」の機能として、未読/既読が色分けされるので、新しい情報かどうかすぐに判別できる。全文検索機能も備えているため、過去の情報をキーワードですばやく探せる。

 営業職員が外出する際、以前は顧客情報や社内情報を印刷して持ち出していたため、セキュリティの問題に加え、持ち出す際の申請も面倒だった。現在は、シンクライアント端末を導入し、文書管理システムにアクセスできるようにした。端末上に機密情報が残らず、紙文書を紛失するおそれもないので、情報漏洩の防止と営業活動の効率化に役立っている。

 一方、ワークフローについては、融資関係の主要な決裁業務に加え、社内の多くの申請業務も「GlobalFlow5」を用いて電子化された。各部門の担当者が必要な電子帳票を比較的容易に作成し、承認プロセスを設定できるため、メンテナンスコストが削減された。承認された文書は「GlobalDoc5」に保存されるため、保管や事後の検索を容易に行なえる。

 東日本大震災の際、水戸支店の職員を一時的に東京支店へ移転させたが、一部の責任者は顧客に対応するために現地にとどまっていた。その際も、電子決裁化されていたことで、社内での意思決定が停滞せず、被災した顧客の早期復旧にむけた支援が可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038114


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ