グレープシティ、総合コンポーネントスイートをバージョンアップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、総合コンポーネントスイートをバージョンアップ


掲載日:2012/02/10


News

 グレープシティ株式会社は、Windows系システムを開発するための総合コンポーネントスイート製品をバージョンアップした「ComponentoOne Studio 2012J」シリーズを3月14日に発売する。

 今回のバージョンアップでは、同シリーズにWindows Phoneのネイティブアプリを開発できるエディション「for Windows Phone 2012J」が追加された。また、機能実装からドキュメント作成まで開発フェーズ全体で活用できる「Ultimate 2012J」が発売される。「for Silverlight 2012J」では、データグリッドコンポーネント「FlexGrid for Silverlight」がバージョンアップされたほか、Silverlight 5対応、PDFビューワの追加、Excel入出力などの機能強化を図っている。

 「for Windows Phone 2012J」は、モバイルビジネスアプリ向けのコントロールを備えているほか、各種UI部品コンテナなど20種類を収録している。VBやC#で開発できるため、新しい言語の習得は不要。また、各コントロールはメトロUIの外観デザインを備え、Windows Phoneの基本的な操作性のガイドラインに従って設計されているため、容易にデザインできる。なお、同エディションは「Enterprise 2012J」「Ultimate 2012J」にも収録される。

 「Ultimate 2012J」は、システム開発用のコンポーネントとヘルプ作成ツール、Silverlightアプリケーションの軽量化・難読化ツールがセットされた新製品で、機能実装からドキュメント類の作成まで開発工程全体をサポートする。開発用コンポーネントは「Enterprise」の開発ライセンスが提供され、ドキュメント作成ではオーサリングツール「Doc-To-Help Enterprise」を利用できる。

 「for Silvelight 2012J」では、PDFビューワとレポートビューワが提供されるほか、Excelとの連携が強化された。3次元データをグラフ化できるコンポーネントが追加されたほか、全コンポーネントがSilverlight 5に対応している。データグリッド「FlexGrid for Silverlight」が「2.0J」にバージョンアップされ、任意の値や、様々な条件でデータを抽出するフィルタリング機能が追加された。なお「FlexGrid for Silverlight 2.0J」は単体でも発売されるほか、「for Silvelight 2012J」は「Enterprise 2012J」「Ultimate 2012J」にも収録される。


出荷日・発売日 2012年3月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ 【CA Technologies】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】 「データの収益化」を可能にするAPI管理ソリューションとは 【CA Technologies】 API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 「データの収益化」を可能にするAPI管理ソリューションとは API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038107


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ