エプソン、画質や設置性が向上した高光束プロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、画質や設置性が向上した高光束プロジェクタを発売


掲載日:2012/02/10


News

 エプソンは、オフィリオプロジェクタの新製品で、画質・設置性・ユーザビリティが向上した高光束プロジェクタ4モデルを3月15日から順次発売する。価格はオープン価格。

 今回発売されるのは、すべてレンズなしモデルで、WUXGAリアル対応・明るさ7000ルーメンの「EB-Z8450WU」「EB-Z8455WU」、WXGAリアル対応・明るさ8500ルーメンの「EB-Z8350W」「EB-Z8355W」、XGAリアル対応・明るさ1万ルーメン「EB-Z10000」「EB-Z10005」、XGAリアル対応・明るさ8000ルーメンの「EB-Z8150」。

 いずれも、大会議室やホール、講堂といった場所での大画面投写に必要な高光束を備え、液晶パネル技術“3LCD方式”を採用したことで自然な色合いで目に優しい高画質映像を投写できる常設モデル。明るさや高画質処理機能、設置性が向上しているほか、明るさ1万ルーメンの「EB-Z10000」や、ブラックモデル「EB-Z8455WU」「EB-Z8355W」「EB-Z10005」が追加され、使用シーンに合わせて選択できる。

 ホームシアタープロジェクタに採用されている“超解像技術”を搭載。ぼやけた画像の解像感向上を図れる。プロジェクタを複数台組み合わせて投写する際も、専用のソフトウェアを使わずに、つなぎ目のない映像を投写できる“エッジブレンディング機能”も新たに搭載している。また、「EB-Z8450WU」「EB-Z8455WU」は残像感を抑えたクリアで滑らかな映像表現を行なえる“フレーム補間技術”を搭載し、フルハイビジョン以上の高画質を高品質で明るく投写する。

 エントランスホールの床や天井への投写などを行なえる“360度設置”を搭載しているほか、スクリーンのゆがみなどを吸収しフラットな投写を行なえる“幾何学歪み補正機能”を搭載している。短焦点から長焦点まで6種類のレンズがオプションで用意されている。また、「EB-Z8450WU」「EB-Z8455WU」はHD-SDIインターフェースを搭載し、業務用放送機器との組み合わせでも使用できる。

 2つのランプを搭載し、シャットダウンリスクを低減しているほか、クーリングシステム採用で、稼働時の環境温度上昇リスクにも対応する。購入後3年間の保証が付属する。また、メンテナンス性能に優れ、工具不要でランプやフィルタを交換できるほか、ネットワーク接続で遠隔制御・監視を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038089


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ