日本SGI、高密度化達成したJBOD製品とファイルサーバ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本SGI、高密度化達成したJBOD製品とファイルサーバ製品を出荷


掲載日:2012/02/09


News

 日本SGI株式会社は、モジュラー型ストレージ製品群「SGI Modular InfiniteStorage」シリーズで、高密度にディスクドライブを格納できる「SGI Modular InfiniteStorage JBOD」の出荷を3月末(予定)に、ファイルサーバとして利用できる「SGI Modular InfiniteStorage Server」の出荷を4月末(予定)に開始する。

 「SGI Modular InfiniteStorage」シリーズは、HDDを格納するための“ブリック”というモジュール構造を各製品共通で装備している。3.5インチのSASまたはSATAディスクドライブを1ブリックあたり9本、2.5インチのSASまたはSSDを1ブリックあたり18本格納できるため、企業のデータセンタやデータセンタ事業者での急激なデータ増加に対して、ディスク増設の効率性と省スペース性の向上を図れる。

 「SGI Modular InfiniteStorage JBOD」は、4u(1u=44.45mm)の筐体に9ブリック格納できる設計を採用していて、3.5インチディスクドライブを最大で81本(2.5インチの場合は162本)を搭載でき、3TBのディスクドライブを利用した場合、1筐体で最大243TBの容量を搭載できる。標準の19インチラックに搭載できる。

 「SGI Modular InfiniteStorage Server」は、「JBOD」と同じ筐体にプロセッサを装備したサーバモジュールを搭載し、ファイルサーバとして利用できる製品。1.8〜2.9GHzのプロセッサを2個搭載できるサーバモジュールを最大2枚まで搭載でき、3.5インチディスクドライブを最大で72本(8ブリック×9本)を搭載できる(2.5インチの場合は144本)。ディスク容量は、3TBの3.5インチディスクドライブを利用した場合、最大で216TBの容量を搭載できる。

 162TB構成(2TB3.5インチSATAディスク×81本)の「SGI Modular InfiniteStorage JBOD」の参考価格は1027万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038083


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ