富士通コンポーネント、200m以上延長できる遠隔ユニットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通コンポーネント、200m以上延長できる遠隔ユニットを発売


掲載日:2012/02/09


News

 富士通コンポーネント株式会社は、Cat5E UTPストレートケーブルで高画質ビデオモニタを含むコンソールやオーディオ、タッチパネルを200m以上延長する遠隔ユニットの新機種「FE-2200CW」を発売した。価格はオープン価格。

 「FE-2200CW」は、モニタ解像度UXGA(1600×1200ドット)で300m、WUXGA(1920×1200ドット)またはフルHD(1920×1080ドット)で200m延長できるほか、明るさやフォーカス、色ずれの画質調整を受信(REMOTE)ユニットのフロントパネルで手動調整でき、操作性の向上を図っている。接続マウスは汎用USBマウスを使用でき、その他の基本機能は、Sun 8ピンタイプキーボードとマウスの接続を除いて現行品と同等で、送信(LOCAL)ユニットにリモート電源コンセント「FP-MMCB02-100」を接続することで、サーバやPCの電源投入/切断といった遠隔操作も行なえる。また、ケーブルを含むオプション品も現行品と同じものを使用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038077


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ