リバーベッド、IPv6等配信高速化、VDIサポート拡大のRiOS7.0発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、IPv6等配信高速化、VDIサポート拡大のRiOS7.0発売


掲載日:2012/02/06


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社(リバーベッド)は、Riverbed Optimization System(RiOS)の新版「RiOS7.0」を2012年第1四半期(予定)に発売する。

 「RiOS7.0」では、エンタープライズ系主要アプリケーションのサポートが拡大され、グローバルネットワーク化された企業へのスピード、拡張性、簡易性、セキュリティの提供が強化された。HTTPビデオをネイティブでサポートするほか、UDPやIPv6をサポート、既存のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)最適化も強化された。また、QoS、拡張性、セキュリティも強化された。

 Cascade Shark機能がSteelheadアプライアンスに統合され、オンデマンドでのパケットキャプチャやパケット解析を行なえるため、Steelheadアプライアンスをモニタリングやトラブルシューティングに活用できる。

 ライブやオンデマンドのコンテンツに対して、包括的なエンドツーエンドの動画最適化を行なう統合ソリューションが提供され、HTTP上でネイティブなストリーム分割を利用する動画配信の最適化を行なえる。オンデマンド・ストリーミングでは、支店ロケーションでオンデマンド動画を保存するデータ・ストリームライニング、帯域幅利用率を優先順位付けするQoS、ユーザのビデオ体験を事前に向上するプレポジショニングを組み合わせられ、動画制作やコンテンツ管理に加え、配信や流通の強化も図れる。

 TCP/IPやUDP上で稼働するアプリケーションを柔軟に最適化できるほか、IPv6でのUDPトラフィックやTCPの帯域幅最適化を活用できる。また、SSLでICA(Independent Computing Architecture)を最適化する新機能が提供されるほか、新機能の“クライアント・ドライブ・マッピング”を利用することで、シン・クライアントから直接アクセスされるコンテンツを最適化できる。

 Steelhead製品群との統合が拡張され、Cascade Pilotのユーザは、ネットワーク上でパケットキャプチャ・ファイルの転送不要で、支店のSteelheadアプライアンス上でオンデマンドのパケットキャプチャや遠隔地からの分析を行なえ、IT管理者はハードウェアの設置範囲を広げずに、アプリケーションパフォーマンスの問題を検出し、対処できる。また、セキュリティでは、最適化の対象が認証と暗号化トラフィックにまで拡大されている。SCPS(宇宙通信プロトコル標準)の商用実装に基づいたSkipwareソフトウェアが直接統合された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038033


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ