クォーレスト、静かなIPストレージとして使えるミニサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、静かなIPストレージとして使えるミニサーバを発売


掲載日:2012/02/06


News

 株式会社クォーレストは、静かでコンパクトなIPストレージ・プラットフォームとして利用できる低消費電力のミニサーバ「Qualest C3XESV4」シリーズを発売した。

 「Qualest C3XESV4」シリーズは、LGA-1055ソケット(ソケットH2)の第2世代Core i3またはXeon E3-1200シリーズCPUを搭載できる。チップセットにIntel C206を採用、Extreme Memory Profile(XMP)をサポートするデュアルチャンネル構成の240ピンDIMMソケット2本に、16GBまでのDDR3 1333/1066MHzのECCまたはnon-ECC DIMMを装備できる。CPU内蔵のIntel HDグラフィックス・コアを利用したIntelフレキシブル・ディスプレイ・インターフェース(Intel FDI)をサポートし、DVI-Iグラフィックス・ポートに出力できる。2ポートのSATA 6Gbpsと、2ポートのSATA 3Gbpsは、Intel Rapid Storage Technologyに対応し、RAID 0/1/5/10機能を利用できる。

 3.5インチ・リムーバブル・ベイ×4と、OS起動ディスクを収納できる2.5インチ固定ベイ、各種コントローラ・カードを装備できるPCI-Express 2.0 x16拡張スロットを装備している。6Gbps SAS/SATA RAIDコントローラを増設することで、ドライブのホットスワップ化を行なえ、より信頼性の高いデータ保護機能の導入、SASドライブの使用が可能になる。6ポートのUSB2.0を装備し(2ポートはフロント)、様々な周辺機器を接続できる。

 Intel 82574/82579ギガビット・ネットワーク・コントローラを利用した2ポートのGbE LANポートを装備。小規模サーバとして柔軟なネットワーク環境を提供するほか、各種Linux系ストレージOSを利用したNASシステムやiSCSIシステムを容易に構築できる。

 リアパネルに12cm排気ファンを装備して充分な換気量を確保している上、オリジナル・ファン・コントローラを採用し静音性も備えている。無駄な発熱を抑えてシステム消費電力を低減する、270W 80Plus高効率電源を搭載している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 【日本ヒューレット・パッカード】
NAS NAS NAS NAS NAS
AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは? 最大80%の圧縮効果も、オールフラッシュで基幹系コストを最適化 オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038018


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ