TeamViewer、LinuxでWindows等のリモートサポート可能な製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TeamViewer、LinuxでWindows等のリモートサポート可能な製品提供


掲載日:2012/02/03


News

 TeamViewer GmbHは、外部のPCを遠隔操作できる「TeamViewer7 for Linux」の提供を開始した。同社のサイトからダウンロードできる。

 「TeamViewer7 for Linux」は、リモートコンピュータサポートの新機能と、最大25人が参加できるオンラインミーティング機能を備えているほか、リモートコントロール機能とインスタントチャットやコラボレーションなどの機能を備えているため、クリック操作でLinux、Windows、Mac OS、iPhone、iPad、Androidから無人のコンピュータを遠隔操作できる。

 既存のリモートアクセス機能が更に強化、改良されている。解像度、画質、拡大縮小などの接続設定をそれぞれ個別のパートナーごとに保存できる“コンピュータ&パートナー”リストを備えているほか、全般的なドキュメンテーションの改良と、リモートセッション中に起きたことを記録する新たなスクリーンショット機能を備えている。新しいファイルボックスを利用することで資料共有の簡素化を図れる。

 最大25人が参加できるオンラインミーティングを簡単に行なえる。デスクトップシェアリング機能は、参加者が1つのファイルからデスクトップ画面全体までを共有できるほか、LinuxユーザはWindowsユーザが立ち上げたミーティングにも参加できる。また、Linuxユーザは、新しいファイルボックスを利用した資料共有の簡素化、ミーティング中のユーザ同士の閲覧やチャット、プレゼンターによるミーティングセッションの一時停止、停止や録画を行なえるほか、iPhone、iPadやAndroid端末からミーティングに参加できる。

 TeamViewerの全ソリューションは、閲覧者と閲覧されるコンピュータ間のコミュニケーションがAES(Advanced Encryption Standard)256ビットセッションエンコーディングに基づいて暗号化される、セキュリティが提供される。標準構成として、ランダムなパスワードがTeamViewer起動のたびに変更される。

 サポートやマイナーバージョンアップデートを含む、ソリューション用のエンドユーザライセンスは、一括支払いで5万3100円から。非商用目的のユーザは機能制限なく無料で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038002


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ