アポロクリエイト、3D 360度写真撮影システムの新製品2種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アポロクリエイト、3D 360度写真撮影システムの新製品2種を発売


掲載日:2012/02/02


News

 株式会社アポロクリエイトは、3D 360度写真撮影システム「フォトシミリ」シリーズで、ターンテーブルが付属する「オートリーライトボックス360」と、1800万画素マクロレンズを搭載した「フォトシミリ5000(1.8M/Macro)」を発売した。価格はそれぞれ、47万4000円、248万円。

 「オートリーライトボックス360」は、バックライトパネルを標準装備し、背面全体から被写体を照射すると同時に、正面側からは2本の螢光燈で被写体を照射する。これにより背景色 RGB 255/255/255の“ピュアホワイト”を実現しているほか、ターンテーブルの後ろの縁が映り込むことを防止できる。また、軽量化されているほか、分解も可能なので、好みに応じてバックライトパネルを取り外し、大型の被写体撮影や、螢光燈4本を用いた調光も行なえる。

 「フォトキャプチャ360」を標準装備し、ターンテーブルを利用して、静止画(JPEG)の撮影に加え、アニメーションGIFやFlash、iPad/iPhoneなどで表示できるHTML+JavaScriptなど、360度アニメーションも作成できる。時計/宝石/バッグ/PC周辺機器/販促グッズなど小型の被写体を簡単に撮影したいユーザ向けのスターターキットに適している。

 「フォトシミリ5000(1.8M/Macro)」は、カメラを内蔵している上、ターンテーブル/ライトボックス/3Dコンテンツ作成用ソフト「TruView Pro」を含んだオールインワン製品。内蔵カメラがライトボックス内のガイドレールに沿って上下することで、1点からの360度撮影に加え、角度の異なる複数ポジションからの360度撮影が可能で、撮影されたJPEG画像を統合することで半球/全球のアニメーションを生成できる。出力ファイル形式はアニメーションGIF/Flash/HTML+JavaScriptに対応している。

 内蔵カメラはキヤノンEOS Kiss X5、タムロンのマクロレンズを搭載し、より小さな被写体でも詳細まで高品質な画像で確認できる。標準装備されている「TruView Pro」を利用して作成した画像の拡大機能をより活用できる。iPhone/iPadをはじめとしたスマートフォン/タブレット端末上でも表示でき、ピンチ・イン、ピンチ・アウトして自由に閲覧できる。メール/オンラインでの共有機能も備えている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037972


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ