MSYS、検疫機器と不正接続端末検出・通信遮断ソフトを連携可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MSYS、検疫機器と不正接続端末検出・通信遮断ソフトを連携可能に


掲載日:2012/02/02


News

 丸紅情報システムズ株式会社(MSYS)は、日立電線ネットワークス株式会社製の検疫ネットワークアプライアンス「クオラアダプタ(QuOLA @Adapter)」と株式会社サイバー・ソリューションズ製の不正接続端末検出・通信遮断システム「ネットスケットコウバン(NetSkateKoban)」を連携するソフトウェア「クオラ(QuOLA)連携モジュール」を発売した。

 「クオラアダプタ」は、検疫ソフトウェアとハードウェアを一体化したアプライアンス。企業内LANに接続する端末のセキュリティを検査でき、ウイルス感染や情報漏洩などの未然防止を図れる。「ネットスケットコウバン」は、事前に許可されていない端末が企業内LANに接続されると、不正接続を検知し通信を遮断、不正アクセスを防止できるソフトウェア。

 今回発売された「クオラ連携モジュール」で連携することで、企業内LANに接続したPC・サーバ・スマートフォン・タブレットなどのMACアドレス(固有の識別番号)情報とセキュリティ検査(検疫)情報を用いた複合的な接続認証が可能になる。また、「クオラアダプタ」「ネットスケットコウバン」それぞれの管理情報を統合した一元管理が可能になり、不適切な状態の端末を容易に特定できる。

 端末を検知すると、検知した端末の通信を遮断したまま「クオラアダプタ」へ誘導して検疫を行なう。そして、検疫が完了し、かつ事前に許可した端末のみの遮断を解除し、通信させることができる。一時的利用のために通信を許可する設定も可能。ウイルス感染/情報漏洩/不正アクセスなどの防止策として活用できる。


出荷日・発売日 2012年2月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? 【クロス・ヘッド】 クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は 【クロス・ヘッド】 標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に 【クロス・ヘッド】 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? ファイルの重要度を制御「ネットワークDLP」 強固なデータ漏えい対策を実現 標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【活用事例】住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037969


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ