日本オラクル、事業状況の変化に対応可能なストレージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、事業状況の変化に対応可能なストレージを提供


掲載日:2012/02/01


News

 日本オラクル株式会社は、ビジネスの優先順位に応じてアプリケーションのデータ管理を容易に行なえるストレージ製品「Pillar Axiom 600」の提供を開始した。最小構成価格は、675万9606円(税込)。

 「Pillar Axiom 600」では、モジュール構成/分散RAID/ストレージQoSなどの機能が組み合わされていて、SANストレージに適した容易な管理が可能なほか、高い利用率・拡張性を備えたストレージ性能が提供される。これにより、企業は自社管理環境で業務ごとのアプリケーション特性を意識したストレージ統合を行なえる上、プライベート・クラウド環境への柔軟/段階的な移行も可能になる。

 QoS機能により、アプリケーションのデータを先着順ではなく、ビジネス価値に応じたデータの入出力要件に合わせて、リソースを割り当て、CPU稼働率/容量/キャッシュを分配できる。これにより、様々なアプリケーションが効率的に共存でき、ストレージ・システムの稼働率を向上できる。また、DBマシン「Oracle Exadata」向けに開発されたデータ圧縮技術“Hybrid Columnar Compression”に対応し、Oracle Databaseの利用環境で平均3〜5倍(同社調べ)までストレージ効率を向上できる。

 管理ソフトウェアは使いやすいユーザ・インターフェースを採用していて、ユーザは世界中に配置する複数の「Pillar Axiom 600」を統合でき、サービスごとのポリシー設定に加え、システムの構成、ファイル・システムの管理と作成、スナップショット機能によるバックアップ、システムのクローニング(複製)を実行できる。また、重要なステータス変更やイベントが自動的に表示/通知されるため、速やかな事前措置を図れる。

 最大1.6PBまで容量を拡張できる。障害時のリカバリ機能により事業継続性を維持し、事業の成長に応じて拡張できるモジュール型ハードウェアを採用している。また、「Pillar Axiom」ストレージ・ドメインを使用して、物理的にストレージを分割し、システムを共有できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格:675万9606円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037946


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ