EMC、セキュリティ・インシデント管理製品の新版発売、値下げも

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、セキュリティ・インシデント管理製品の新版発売、値下げも


掲載日:2012/01/31


News

 EMCジャパン株式会社は、セキュリティ・インシデント管理プラットフォームの新バージョン「enVision 4.1」を発売した。また、全シリーズを値下げする。

 「enVision」は、情報インフラを構成する様々なシステムやアプリケーションのログを収集、圧縮、保存し、一元的に統合管理するアプライアンス。集中管理下にあるログをリアルタイムに監視して不正アクセスが疑われる異常状況を早期に発見したり、収集データを活用して法律・規制に対するコンプライアンスの証明を行なうなど、効果的なセキュリティ・インシデント対応を図れる。

 今回の新バージョンでは、VMware環境下の仮想マシン上での動作が可能になった(現時点での対応は「ES」シリーズとリモート・コレクタのみ。ゲストOSとしてWindows 2003が必要)。これにより、冗長化を容易に図れ、仮想化環境での管理性・運用性の向上、TCOの削減を図れる。

 収集され専用DBに保存されるイベントデータのエクスポートが容易になった。これにより、既存のレポーティング・ツールや分析システムに「enVision」のイベントデータを取り込んで、詳細で多面的なレポートの生成や高度な分析を行なえるようになった。

 データを取り出すためのフィルタ機能が追加されたことで、レポート生成のパフォーマンスが向上し、一時ファイルに必要なディスク容量を削減できるようになった。また、分散型モデル「LS」シリーズでは、データ処理専用サーバを同時に複数利用できるようになり、レポート生成全体で処理パフォーマンスが向上した。

 価格は、「ES-560」が349万円(保守別:500 EPS、最大収集対象デバイス数100の場合)からに値下げされる。


出荷日・発売日 2012年1月30日 発売
価格 「ES-560」:349万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

改正個人情報保護法で押さえておくべき5つのポイントを再確認 【東日本電信電話】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」 【ラネクシー】 PC操作記録 iDoperation SC 【NTTテクノクロス】 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM 活用ポイント 【マカフィー】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
改正個人情報保護法で押さえておくべき5つのポイントを再確認 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 セキュリティ強化で詳細な証跡管理をおこなうにはPC操作ログが必要になる。MylogStarは物理・シンクライアント環境どちらでも高精度なログ収集力を発揮する。 サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM活用ポイント

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037926


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ