ネオシード、クラウドIP-PBXで従来の電話回線・番号を利用可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオシード、クラウドIP-PBXで従来の電話回線・番号を利用可能に


掲載日:2012/01/30


News

 ネオシード株式会社は、クラウド型IP-PBX(IP電話集約装置)システム「BeePo(ビーポ)」を改良した。

 「BeePo」は、IP電話で内線システムや代表番号運用を低コストで利用できるよう、IP-PBXを利用企業内に設置せず、サーバセンタで預かる仕組みを採用している。月額料金で利用でき、規模の大小に関わらず、工事不要で即座にIP電話システムを構築できる。

 一般的なIP電話機に加え、PCやスマートフォンにソフトウェアをインストールして利用できる。外出中の社員のスマートフォンを社内の内線と同様に利用できる機能も備えている。

 今回の改良では、NTTなどのアナログ・ISDN回線の信号をIP電話の信号に変換するオプション機器を利用することで、発着信とも従来の回線・番号で「BeePo」を運用できるようになった。既存の回線とIP電話回線を同時に使い分けられる。なお同社は、株式会社ワイズシステムと提携し、販売網を全国に拡大していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037914


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ