OKI、スマホなど用業務システム構築ミドルウェアの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、スマホなど用業務システム構築ミドルウェアの新版を出荷


掲載日:2012/01/27


News

 沖電気工業株式会社(OKI)は、SIベンダ/ソフトウェアベンダ向けに、スマートフォン(タブレット端末を含む)を活用した業務システムを構築するためのミドルウェアをバージョンアップした「MoBiz Platform Ver.1.2 for Android」の出荷を開始した。

 「MoBiz Platform」では、HTMLやJavaScriptなどを用いて、カメラやGPS(Global Positioning System)などの端末機能を活用したアプリケーションを手軽に開発でき、Androidアプリの開発技術は不要。機種やOSの違いが吸収されるため、一度開発したアプリケーションを多くの機種で動作させられる。

 今回出荷された「MoBiz Platform Ver.1.2 for Android」では、開発したアプリケーションをPC上で動作させるためのテスト実行環境「MoBiz for Firefox」が用意された。PC上で開発中のアプリケーションを、スマートフォン等の実機を使用せずにPC上で動作確認できるため、開発効率を向上できる。また、Firefox用のJavaScriptデバッガなど、様々なツールを利用できる。

 プラットフォームが端末内にデータを一時的に保存する際の暗号化に対応した。暗号化APIも提供されるため、アプリケーションが自身のデータを暗号化する際にも利用でき、情報漏洩のリスクを低減できる。

 スマートフォン等のバーコード読み取り機能を利用でき、例えば、1次元/2次元バーコードを用いて物品管理するようなアプリケーションを容易に開発できる。スマートフォン等の音声認識機能も利用でき、キーパッドを用いた文字入力が不能な業務シーンでも文章を登録できる。また、タイマー監視のAPIが追加され、タイムアウト処理や定期的な処理を簡単に構築できるようになった。Android 4.0にも対応した。


出荷日・発売日 2012年1月26日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037888


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ