ウイングアーク、情報活用・可視化ツールの新版で集計速度等向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、情報活用・可視化ツールの新版で集計速度等向上


掲載日:2012/01/27


News

 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の情報活用・可視化ツールの新バージョン「Dr.Sum EA Datalizer Ver4」を出荷開始した。

 今回の新バージョンでは、集計スピードが従来比最大38%向上した。また、日本語に加え英語/中国語(簡体)のWindowsに対応し、各クライアントの設定で言語を切り替えられる。

 レポート表現力の向上、ユーザビリティの強化も図られている。定義の作成から集計出力までの機能を統合メニューとして提供する“DatalizerClient機能”では、メニューに集計表を登録し簡単に実行できるランチャー機能や、クライアントのアップデートを省略化する更新機能、管理者からのメッセージを通知するRSSなどを装備している。

 従来は表現しづらかった帳票のイメージが作成可能になった。会計データを活用し、勘定科目ごとのセグメント別集計レポートに加え、損益計算書のような業務レイアウトをイメージしたレポートを出力できる。また、在庫データを活用し、商品などの在庫推移を時間別グラフと合わせレポートとして出力できる。

 Excel固有の条件書式機能を設定可能になった。セルのデータバーのグラデーションの濃淡で状況を表示できるほか、セル色を変更できるなど、強弱を視覚化するインターフェースが提供される。また、アイコン表示により、容易に達成状況を把握できる。

 チャートOLAP(オンライン分析処理)ツール「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」でのダイナミックなPDF出力操作が可能になった。また、Excel/Webのそれぞれで利用する定義ファイルの共通管理を装備し、一覧管理が強化されたため、管理工数の削減を図れる。


出荷日・発売日 2012年1月27日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「ウイングアーク テクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI BI BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037887


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ