ソニー、法人向けVAIOでハイパフォーマンスモバイルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、法人向けVAIOでハイパフォーマンスモバイルを発売


掲載日:2012/01/26


News

 ソニーは、法人向けVAIOパーソナルコンピューターで、ハイパフォーマンスモバイル「Z」シリーズを2月6日(予定)に発売する。

 「Z」シリーズは、マルチコアの高性能CPUを搭載しながら、軽さ約1.165kg、薄さ約16.65mmのフルフラットボディを採用している(モデルによって本体の重さは異なる)。外装には軽量ながら剛性に優れたカーボン素材を、パームレストにはアルミニウムを使用し、強度を高めている。断面を六角形状にした“ヘキサシェル”構造を採用しているほか、リチャージャブルバッテリパック(内蔵用)は、底面の8ヵ所をビスで固定するなど、剛性向上を図っている。

 通常のWindows 7 Professional 64ビット正規版(SP1)プリインストールモデルでは、法人ユーザ限定でWindows 7 Professional 32ビット正規版(SP1)リカバリディスク同梱モデルが用意されている。第2世代Coreプロセッサを搭載しているほか、法人向けカスタマイズモデルでは、最大約512GBのデュアルSSDを選択できる。

 グラフィックアクセラレーターや光学ドライブ、各種インターフェースを備えた「Power Media Dock」が用意されていて、本体に接続することで、パフォーマンスや機能の向上を図れる。AMD Radeon HD 6650M(1GBビデオメモリ)を搭載、従来の「Z」シリーズの外付けグラフィックアクセラレーターに比べ最大2倍の処理性能を備え、CAD操作など負荷の高い作業も快適に行なえる。また、LAN端子に加え、3つのUSB端子やVGA端子、HDMI端子を搭載、例えば、モニタは本体と合わせて最大4台まで拡張できる。

 内蔵のバッテリで約9時間、別売のリチャージャブルバッテリパック(拡張用)を装着することで、最長約17.5時間の長時間駆動が可能。拡張用バッテリは単体で充電できる。また、受信最大28Mbps、送信最大8Mbpsの通信速度を備えたWiMAXに対応している。法人向けカスタマイズモデルでは“LTE”を選択でき、ドコモの通信サービス「Xi」に対応する。

 標準仕様(店頭販売)モデルは、1600×900ドットの13.1インチワイド液晶を搭載、法人向けカスタマイズモデルでは、1920×1080ドットのフルHD液晶も選択できる。また、電源ボタンを押してからWindowsが立ち上がるまでの時間を、従来に比べ短縮した「Quick Boot」を搭載、PCの起動待ちによるタイムロスの軽減を図れるほか、Windows OSを起動せずに、インターネットブラウザをクイック起動できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037876


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ