エプソン、BD作成に適したディスク デュプリケーターを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、BD作成に適したディスク デュプリケーターを発売


掲載日:2012/01/26


News

 エプソンは、データ書き込みからレーベル印刷までを自動化するディスク デュプリケーターの新商品で、デジタルアーカイブ作業を効率化でき、長期保存用ブルーレイディスク(BD)の作成に適した「PP-7050BD」を3月上旬に発売する。価格はオープン価格。

 「PP-7050BD」は、パイオニア株式会社製の検査機能付業務用BDドライブ「BDR-PR1」をベースにしたドライブを採用している。長期保存時に重要な初期品質を確保するエラーレートチェックを書き込み直後に行なうため、ディスクの取り出しが不要になり、業務の効率化を図れる。エラーディスクが発生した時には、自動的に再度同じディスクを作成するため、例外的な作業も回避できる。また、三菱化学メディア株式会社製の業務用アーカイブディスク50GB BD-Rを利用することで、高い品質で書き込みを行なえる。

 業務を止めないための状態監視機能“EPSON Total Disc Monitor”を搭載していて、発行中のジョブの進行状況やインク・ディスク残量など、デュプリケーターの稼働状況が見やすく表示される。

 CD/DVD/BDをセット、添付の専用ソフト「Total Disc Maker」を使用して書き込みデータやレーベル面のデザインを指定、発行ボタンを押すだけで、最大50枚のCD/DVD/BDを一括で作成できる。マイクロピエゾヘッド、6色インクなど、エプソンのインクジェット技術を利用することで、高画質・高速なレーベル印刷を行なえる。なお、印刷インクコスト(税込)は、グラフィックパターンが約9.7円、テキストパターンが約1.4円の低コストでディスクのレーベル印刷を行なえる。

 開発者、インテグレーター向けに、業務システムと「PP-7050BD」を連結させる、業務連携ソフト「TD Bridge」を同社のサイトから無料ダウンロードでき、同ソフトを利用することで、目的の記録データ、レーベル印刷データを指定したディスクを作成できる(同ソフトの仕様に合わせたソフトウェア開発が必要)。


出荷日・発売日 2012年3月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドバックアップサービス 【NEC】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037863


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ