高電社、予測変換入力など搭載の中国語統合ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


高電社、予測変換入力など搭載の中国語統合ソフトの新版を発売


掲載日:2012/01/26


News

 株式会社高電社は、中国語統合ソフトの新バージョン「ChineseWriter10」を2月24日に発売する。

 「ChineseWriter10」では、新機能の追加・従来機能のブラッシュアップが行なわれている。標準版の「ChineseWriter10 スタンダード」に加え、学習機能搭載の「ChineseWriter10 学習プレミアム」、文字認識(OCR)機能搭載の「ChineseWriter10 OCRプラス」の3製品が用意されている。

 “予測変換入力”を搭載し、過去に変換した漢字、ユーザが辞書登録した単語や使用頻度の高い単語が候補として優先的に表示され、よりスピーディに変換できる。「中国語デジタルマルチ大辞典」に、新たに専門性の高い「日本工業出版 日中英技術用語ハンドブック」や中中辞典「上海辞書出版社 現代漢語大詞典」が搭載された。

 クリック操作で一覧表示される“チャイニーズナビ”が追加され、メールやWebなどで知りたい単語やフレーズがあった場合、範囲選択してクリック操作することで中国語の発音(ピンイン)や辞書引き結果が一覧で参照される。また、約5600種類を超える文例を参照できる“文例マスター”を備え、日本語を参照しながら中国語文を作成できる。文例によっては虫食い部分の単語を翻訳でき、完成度の高い中国語文の作成を図れる。お気に入りに登録して文例を利用することで、実用性の高い中国語を自然に身につけられる。

 「ChineseWriter10 スタンダード」は、入力をサポートするツールや、デジタル辞典「中国語デジタルマルチ大辞典」、可読性が高く高品質なフォントを搭載した標準版パッケージ。「ChineseWriter10 学習プレミアム」は、「ChineseWriter スタンダード」の全機能に加え、中国語検定対策のための学習ツール「検定対策レッスン」、中国語の発音やヒアリングをトレーニングするツール「抑揚変換 for ChineseWriter10」を搭載している。

 「ChineseWriter10 OCRプラス」は、「ChineseWriter スタンダード」の全機能に加え、186言語対応した多言語文字認識(OCR)ソフト「FineReader」を同梱している。中国語で書かれた本をスキャンして「FineReader」で文字認識してテキスト化、「ChineseWriter10」の機能で、スキャンした文章のテキスト編集や辞書引きなどを行なえる。


出荷日・発売日 2012年2月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037862


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ