フォースメディア、HDD搭載済のQNAP社NASを発売、保守も拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フォースメディア、HDD搭載済のQNAP社NASを発売、保守も拡充


掲載日:2012/01/25


News

 株式会社フォースメディアは、QNAP社のコーポレート向けNAS「TS-x59Pro+/x59ProII」シリーズ/「TS-x79Pro」シリーズの各機種に1/2/3TBのHDDを搭載したモデルを追加し、1月25日(予定)に発売する。また、先出しセンドバック保守サービス/オンサイト保守サービスも開始する。

 従来、QNAP社のNASは筺体とHDDが別々に販売されていたが、今回HDD搭載モデルが発売されることで、導入時の手間を削減できる。

 今回開始される先出しセンドバック保守は、従来のHDDなしモデルと今回のHDD搭載モデルが対象で、3年と5年のメニューが用意されている。障害発生時には、フォースメディアから代替機や交換用のHDDが発送される。最低限のサポートを安価な費用で望んでいるユーザに適している。一方、オンサイト保守は、HDD搭載モデルが対象で、3年・4年・5年のメニューが用意されている。障害発生時には、フォースメディアが保守作業員を設置先へ派遣し、修理・交換に対応する。行き届いた運用を望んでいるユーザに適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 AI技術と自動化でデータセンターの運用はここまで「自律化」する 【日本ヒューレット・パッカード】 サントリーがオールフラッシュでコスト削減 「ストレージ階層化はもう無意味」 【東京エレクトロン デバイス株式会社】 ポータルサイト「Excite」を支えるDevOps、そのスピード感を生むインフラの要件 【伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る IoTとAIを活用したITインフラの予防保全と運用自動化に10年近く取り組んでいるエンジニアに、これからのデータセンターの話を聞いた。 サントリーがオールフラッシュでコスト削減 「ストレージ階層化はもう無意味」 ポータルサイト「Excite」を支えるDevOps、そのスピード感を生むインフラの要件 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037840


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ