日本オラクル、EIPや情報共有、ソーシャル機能等を統合して提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、EIPや情報共有、ソーシャル機能等を統合して提供


掲載日:2012/01/17


News

 日本オラクル株式会社は、Webエクスペリエンス管理、企業ポータル(EIP)、情報共有・流通基盤、ソーシャル機能を統合して提供するスイート製品「Oracle WebCenter」の提供を開始した。

 「Oracle WebCenter」は、既存製品のコンポーネントを整理し、旧Fatwire SoftwareのCMS(Contents Management System)製品を統合したユーザ・エンゲージメント・プラットフォーム。4種の主要なコンポーネントで構成されている。

 Webエクスペリエンス管理「Oracle WebCenter Sites」では、複数チャネルを用いたオンライン・マーケティングの企画、展開、ターゲット設定、効果測定を行なえ、顧客のロイヤルティ向上を図れる。また、関連する動画像を状況に応じて提供し、モバイル端末やソーシャル・チャネルに展開・拡張することもできる。

 統合ワークプレイス環境を構築できる「Oracle WebCenter Portal」は、性能やセキュリティ面で大規模導入に対応できる拡張性を備え、作業環境のカスタマイズ、検索機能、コンテンツへのタグ付けなどを使った新たなワークスタイルを構築できる。また、全社ポータルのコンテンツ、ワークフロー、業務アプリケーションを個人やチームのワークプレイスに取り込むことで、一元化されたポータル基盤上でコンテンツを管理できる。

 ドキュメント、動画像、Webページなどのコンテンツを一元管理する「Oracle WebCenter Content」では、適切な業務プロセスでの情報へのアクセスを定義できる上、業務アプリケーションの状況に応じてコンテンツを管理できる。また、紙の資料を電子化し、ビジネス・プロセスへ組み込む処理基盤も提供される。

 企業内コラボレーションやソーシャル・コミュニケーションの基盤「Oracle WebCenter Social」では、業務プロセスやアプリケーション内を流れる情報を把握し、チーム内で共有するための様々なソーシャル・ツールが提供される。業務上の課題に対処するために、社内の専門家と即座につながることで、業務生産性の向上を図れる。同基盤は「Oracle Public Cloud」のサービスとして今後提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】 Liferay Portal 【イージフ】 Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】
EIP EIP EIP
Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037731


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ