ジェイズ、Ciscoのセキュリティアプライアンスの新製品3種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェイズ、Ciscoのセキュリティアプライアンスの新製品3種を発売


掲載日:2012/01/17


News

 ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、米Cisco Systems,Inc.が開発したWebセキュリティアプライアンス「Cisco IronPort S170」、メールセキュリティアプライアンス「Cisco IronPort C170」、セキュリティマネジメントアプライアンス「Cisco IronPort M170」を発売した。

 「S170」は、Cisco Security Intelligence Operations(Cisco SIO)からの情報を活用した“Cisco IronPort Web Reputation Filters”と、Dynamic Categorized Engineを用いた自動カテゴライズに対応した“Cisco IronPort Web Usage Controls”の2つのコンテンツフィルタを利用できる。また、Webroot/McAfee/Sophosのアンチマルウエアを利用でき、Webroot+McAfeeまたはWebroot+Sophosいずれかのデュアル構成に対応できる。1〜6万5536の全ポートの通信を可視化できるレイヤ4トラフィックモニタを備えているほか、HTTPS通信を復号して通信内容を検査できる。

 「C170」は、Sender ID、Sender Policy Framework(SPF)、DomainKeys、DKIMといった業界標準の送信者認証に対応している。Cisco SIOからの情報を活用した“Cisco IronPortレピュテーションフィルタ”と、Contents Adaptive Scanning Engineを活用したCisco IronPortアンチスパムフィルタを利用できる。また、McAfee/Sophosアンチウイルスを利用でき、デュアル構成に対応しているほか、Cisco IronPort PXEメール暗号化テクノロジやCisco IronPort Outbreak Filtersを利用できる。

 「M170」は、複数台のCisco IronPort WSA/ESAを中央で集中管理できる。また、Cisco IronPort WSAのポリシーの作成や編集、各種設定、レポーティング機能を一元化できるほか、Cisco IronPort ESAのスパム隔離領域、メッセージトラッキング、レポーティング機能を一元化できる。

 3製品とも、性能が向上していて、特にディスクI/Oは大きく改善されている。また、HDDのホットスワップに対応し、ディスク故障時に本体交換が不要になった。

 ジェイズの保守サポートサービスを利用でき、ソフトウェアサポート(テクニカルQA、ソフトウェアの提供、メーカーへのエスカレーション権、ハードウェア修理権)、先出しセンドバックサポート、オンサイトサポート(平日9:00〜17:00または24時間365日)が用意されている。


出荷日・発売日 2012年1月16日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】 ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは 【パロアルトネットワークス】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】 クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」 【クオリティア】 Barracuda Essentials for Email Security 【バラクーダネットワークスジャパン】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、G Suite、Office 365にも対応
高度な標的型攻撃対策、メールの保管、暗号化と情報漏えい対策、ならびにアーカイブ機能を提供するクラウドベースのメールセキュリティサービス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037728


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ