日立、国内外拠点間データ通信速度の向上を図れる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、国内外拠点間データ通信速度の向上を図れる製品を出荷


掲載日:2012/01/13


News

 株式会社日立製作所は、研究・開発拠点や設計・製造拠点、データセンタをグローバルに展開する企業向けに、国内外拠点間のデータ通信速度の向上を図れる「日立WANアクセラレータ」の国内向けモデルを2月29日に、米国・欧州で販売される海外向けモデルを4月1日に出荷開始する。

 「日立WANアクセラレータ」は、WAN(Wide Area Network)回線上で発生する往復遅延時間やパケット廃棄の影響を抑え、設計データなどの大容量データの通信時間短縮を図れるため、グローバル業務で扱うビッグデータを短時間で更新・共有でき、生産効率の向上を図れる。キャッシュ技術を使用した方式とは異なり、WAN回線の物理帯域を活用する高速通信装置で、最新データへのアクセス時間の短縮を図れる。

 日立独自のアルゴリズムを採用していて、往復遅延時間が長い長距離伝送での性能低下を抑え、効率的なデータ通信を行なえる。パケット廃棄率やその変化を測定し、WAN回線の空き帯域をリアルタイムに推定しながらWAN回線に流れるデータ通信量を決定、空き帯域を最大限活用することで高速化通信を行なえる。

 各拠点に対向で設置する。企業拠点やデータセンタ内の環境への変更不要で、高速データ通信を行なえるため、サーバやクライアント端末はそのまま継続して利用できる。

 国内向けモデルは、2/4/8スロットモデルが用意されていて、価格はそれぞれ、6000万円、6500万円から、7000万円から(いずれも税込)。海外向けモデルは2スロットモデルのみで、価格は個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037703


IT・IT製品TOP > 通信サービス > WAN > WANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ