リコー、高品位な遠隔映像コミュニケーションを行なえる製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、高品位な遠隔映像コミュニケーションを行なえる製品発売


掲載日:2012/01/12


News

 株式会社リコーは、高品位な遠隔映像コミュニケーションを行なえる「RICOH Unified Communication System S7000」を1月19日に発売する。価格は85万円。

 「S7000」は、6〜10人向けの利用に適した遠隔映像コミュニケーションシステムで、表情や情報を鮮明に伝えるハイビジョン映像を実現する。また、クラウド上に構築したプラットフォームを利用することで、インターネット経由で異なる企業間でのコミュニケーションも行なえる。専用回線不要の簡単接続、映像や音声が途切れにくいリアルタイム通信を採用し、USBを利用したPC画面の共有機能なども搭載している。

 解像度1280×720ドット(16:9)の画像を毎秒最大30フレーム表示する高品位映像が提供され、表情や情報を鮮明に伝えられ、会議の生産性の向上を支援する。映像コーデックの新しい標準規格H.264/SVCを採用。ネットワーク帯域をチェックして、解像度やフレームレートを自動的に最適制御することで、映像の乱れや途切れを抑えた映像コミュニケーションを行なえる。

 同社の通信制御技術を採用していて、インターネットに接続することで、相手先と簡単に通信できるほか、あらかじめ接続先を登録することで、携帯電話のようにアドレス帳(拠点一覧)から、接続したい相手を簡単に選択できる。また、本体の機能を最大化するためのプラットフォームがクラウド上に構築。インターネット経由でサービスを利用するため、本社や支社間といった同一企業内に加え、異なる企業間でも活用できる。

 本体とPCをUSBケーブルで接続することで、相手先とPCの画面を共有でき、同じ画面を見ながら会議を行なえるため、効率的で円滑なコミュニケーションを図れる。



出荷日・発売日 2012年1月19日 発売
価格 85万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037676


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ