富士通、SaaS型のチケット販売管理ソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、SaaS型のチケット販売管理ソリューションを出荷


掲載日:2012/01/11


News

 富士通株式会社は、全国の興行主が映画や演劇、コンサート、スポーツなどの各種興行チケットの販売管理、公演管理、購入者管理を行なえるソリューション「票券管理SaaS」の出荷を開始した。価格は個別見積。

 「票券管理SaaS」では、全国の興行主が自社サイト上で24時間、チケットを直接販売できる仕組みをSaaS型で提供するほか、セブン-イレブンでのチケット代金収納と発券、払戻を行なえる。興行主自身がリアルタイムにチケットの予約、販売、管理を行なえることで、従来に比べ低コストで効率的にチケット販売を行なえる。また、従来のチケット販売委託方式では得られにくい購入者情報を直接管理できる仕組みが提供される。

 興行主は、直接チケットを販売できるため、委託販売で発生する中間手数料が不要になり、チケット販売の収益改善を図れる。セブン-イレブンで、チケット発券と代金収納を24時間行なえるサービスが提供されるため、顧客が、最寄りのセブン-イレブンでチケットの受領と支払いをいつでも行なえ、利便性向上を図れる。また、会員情報や購買履歴データなどの情報を一元的に管理、分析できるため、興行主は、会員の趣味・嗜好に合わせたプロモーションを行なうなど、戦略的ダイレクトマーケティングを行なえる。

 同ソリューションを導入し、基本設定や会場図・座席の登録などを行なうことで、最短3日(会場図作成を行なわず、クレジット決済機能を利用しない場合)で、チケットを発売できる。また、単発や短期集中の公演チケットの販売を容易に追加できるなど、興行主のビジネス状況にあわせて柔軟・スピーディーに対応できる。

 また、同社のデータセンタで運用されるほか、専用のサポートデスクを通じて興行主のシステム操作時のサポートが行なわれるため、興行主のサービス、ビジネスの継続性を支援する。


出荷日・発売日 2012年1月10日 出荷
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

カスタムパッケージ 大臣エンタープライズ 販売管理 【応研】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】 FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 MOS スマートフォン・タブレット受発注システム 【アクロスソリューションズ】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
カスタムオーダー(スクラッチ)とパッケージシステムの利点を統合した中堅・大企業向けERP。柔軟性・継続性・拡張性の3つの優位性を高レベルで実現。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。 プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 単にECサイトをB2Bにするのではなく、店舗、倉庫、営業先など、発注者の使うさまざまな環境を配慮して作られた、モバイル視点の業務用Web受発注システムパッケージ。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037654


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ