CSE、棚卸など5業務へ即時適用できる物品管理パッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、棚卸など5業務へ即時適用できる物品管理パッケージを発売


掲載日:2012/01/05


News

 株式会社コンピュータシステムエンジニアリング(CSE)は、物品管理ソフト「Goo2マネ(ぐぐマネ)」で、什器・備品等の棚卸、各種機材の貸出管理、倉庫の入出庫管理、重要書類・図面等の文書管理、拠点間メール便管理の5業務へ即時適用できるパッケージソフトウェア「マスター」シリーズを発売した。

 「Goo2マネ」は、バーコードやRFIDなどの自動認識技術を応用した物品管理システム。今回発売された「マスター」シリーズでは、特定の業務を想定した機能を組み込んだことで、それぞれの業務に対する適用度が向上しているほか、必要な機能をあらかじめ組み込むことで個別開発が不要になるため、汎用製品であった従来モデルに比べ最短で約半分(同社比)の期間でサービスインできる。また、スタンドアロン型/ネットワーク型の2種類の運用形態を選択でき、単一拠点から多拠点まで幅広く対応できる柔軟性を備えている。

 「棚卸マスター」「貸出マスター」「入出庫マスター」「書庫マスター」「メール便マスター」がラインアップされている。「棚卸マスター」では、机・椅子やPCなどの備品の棚卸管理で、各物品の管理部署や所在を容易に把握でき、棚卸作業の効率化を図れる。「貸出マスター」では、実験や工事などに用いる機材などの貸出と返却を簡単・確実に管理できる。使用頻度情報を集計することで、保有機材の種類・数量の適正化も図れる。

 「入出庫マスター」では、倉庫での入庫・出庫をリアルタイムに把握でき、在庫状況の正確な管理と適正在庫量の維持を図れる。「書庫マスター」では、機械や建物の設計図・管理図面、商取引時に発生する伝票や契約書などを、バインダ単位または書類単位で管理できる。長期滞留品のみ保管場所を変えるなどして空間の有効活用も図れる。「メール便マスター」では、発拠点と着拠点の双方で出荷と着荷を管理することで、送り漏れ・受け取り漏れを防止できる。作業履歴も管理でき、内部統制の強化やセキュリティレベルの向上を図れる。


出荷日・発売日 2012年1月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 【アドビ システムズ 株式会社】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革” 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037632


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ