デンソーウェーブ、組み込み型2次元コードスキャナの新機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デンソーウェーブ、組み込み型2次元コードスキャナの新機種発売


掲載日:2011/12/26


News

 株式会社デンソーウェーブは、組み込み型2次元コードスキャナの新機種「QB30」シリーズを2012年3月1日に発売する。価格はオープン価格。

 「QB30」シリーズは、幅60mm×奥行き60mm×高さ25mmの小型ボディに読み取り技術を搭載し、様々な装置に組み込んで活用できる。医療の検体装置や製造現場のスタックリーダといった用途に加え、会員証や割引クーポン、入場チケットなどに印字されたバーコード・QRコードを読み取るマルチメディア端末、入場ゲートへの組み込み用途としても使用できる。シーケンサなどの制御機器に接続できる「I/O搭載モデル」と「USBモデル」がラインアップされている。

 新型読み取りエンジンを搭載し、従来品比約2倍の毎秒800mmの移動体を読み取れるため、生産ラインのコンベア上などで流れる製品のコードを読み取る際の、生産効率向上を図れる。広角レンズを採用、近接読みを行なえる“広角視野読み取り”に対応し、端末内部の空間が制限されるマルチメディア端末やゲートなどに組み込む際に、設置スペースの削減を図れる。

 組み込まれた端末内で埃や塵が付着することを想定し、保護構造IP54に準拠した防塵・防滴性能を備えているほか、半屋外での運用を考慮し、動作温度は-20〜50度に対応、活用シーン・場所を気にせずに使用できる。また、従来、1つずつ読み取っていたコードを最大8個まで一括で読み取れ、1枚の製品ラベルに複数個のコードがある場合でも、一括で処理でき、読み取り時間の短縮や設備費用の削減を図れる。

 「I/Oモデル」は、コネクタにミニD-sub15Sコネクタを採用、上位機器からの電源供給に対応するほか、入出力信号は外部トリガ信号入力や読み取りOK/NG信号出力などに対応する。

 読み取ったコードをマスタ登録して1:n照合を行なうモードと、「QB30」に事前に登録した50件のマスタデータと照合するモードを搭載し、照合機として活用できる。専用設定ソフト「QB Setting」(無償)を利用することで、一括設定用QRコードをプリンタから出力して、「QB30」で読み取ることで一括設定を行なえ、導入時の工数削減を図れる。


出荷日・発売日 2012年3月1日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037603


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ