提携:NECなど、ビッグデータのバックアップ効率化する製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NECなど、ビッグデータのバックアップ効率化する製品出荷


掲載日:2011/12/26


News

 日本電気株式会社(NEC)と株式会社シマンテックは、データ保護分野での協業を拡大し、ストレージに格納するデータのバックアップ効率化を図れる「スマートバックアップソリューション」を共同で開発し、NECが12月28日に出荷を開始する。価格は450万円から。

 「スマートバックアップソリューション」は、シマンテックのバックアップソフトウェア「Symantec NetBackup」のOST(OpenStorage Technology)機能と、NEC製ディスクバックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAStor)」を組み合わせた製品。NetBackupの提供する増分(差分)合成バックアップ技術とiStorage HSシリーズの提供する重複排除技術を効率的に使用し、大量のデータ(ビッグデータ)のバックアップを短時間で行なえる。従来の定期的にフルバックアップを取得する方法に比べ、バックアップ時間を約80%短縮でき、ネットワークやバックアップサーバなどのリソースを約50%低減できる。

 シマンテックのOSTと「iStorage HS」シリーズを組み合わせることで、合成バックアップ処理を「iStorage HS」シリーズ内部で自動的に行なえるため、日ごとの増分(差分)のバックアップだけで、自動的に増分(差分)を含めた全データの最新フルバックアップが生成される。このため、有事の際には、データを1回リストアするだけで作業を完了でき、作業の迅速化を図れる。

 「iStorage HS」シリーズが備える重複排除機能では、バックアップデータを20分の1に圧縮して格納でき、「スマートバックアップソリューション」の合成バックアップ処理でも、データ容量を20分の1に圧縮できるため、バックアップにかかる投資コストの最小化を図れる。


出荷日・発売日 2011年12月28日 出荷
価格 450万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037593


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ