東芝、収録話者の声で合成音声作成できるクラウドサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、収録話者の声で合成音声作成できるクラウドサービスを開始


掲載日:2011/12/20


News

 株式会社東芝は、音声合成技術を使用した企業向けクラウドサービス「ToSpeak Online」で、最短10分程度の収録音声データから、手軽にその人の合成音声を作成できる「音声辞書作成サービス」を開始した。

 「音声辞書作成サービス」は、収録音声から声質や話し方の特徴を抽出した音声合成に必要な声のデータ“音声辞書”を作成し、「ToSpeak Online」で提供している合成音声作成ツールと音声合成エンジンの話者として利用することで、任意の人物や有名タレントの合成音声を、ナレーションやガイダンスの音声に利用したり、Webサイトやニュースといったインターネット上の文字コンテンツの音声読み上げなど、様々な用途に活用できる。

 作成した“音声辞書”は、Webブラウザ上でテキストを入力するだけで手軽に高品質な音声を作成・編集できるSaaS型合成音声作成ツール「ToSpeak Editor Online」や、様々なWebアプリケーションと常時接続することでテキストからリアルタイムに合成音声を生成できるSaaS型音声合成エンジン「ToSpeak Web API」の話者として利用できる。対象言語は日本語で、多言語にも順次対応する予定。

 価格は、「スタンダードタイプ」が50万円からで、利用用途や求められる音質などに応じて料金は都度見積になる。また、音声を合成するには、別途、「ToSpeak Editor Online」または「ToSpeak Web API」の利用ライセンスの購入が必要になる。

 また、株式会社BS-TBSと提携し、BS-TBSとサイバークローン株式会社が運営する“声バンク”に登録された有名タレントの“音声辞書”から合成した音声を利用できるサービスも展開する。“声バンク”と提携することで、「ToSpeak Online」の話者のラインアップに有名タレントの声を再現した“音声辞書”が追加された。今回新たに、タレントの山本裕典と溝端淳平の合成音声を利用できるようになった。今後は、BS-TBSと共同で有名タレントの“音声辞書”が順次拡大される予定。なお価格は、利用用途に応じて都度見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037533


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ