アクシス、ネットワークカメラ、ビデオエンコーダ計7機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクシス、ネットワークカメラ、ビデオエンコーダ計7機種を出荷


掲載日:2011/12/16


News

 アクシスコミュニケーションズ株式会社(アクシス)は、5メガピクセルセンサを搭載し、耐衝撃構造を採用した固定ドームネットワークカメラ「AXIS P3367-V/P3367-VE」の2機種、H.264対応ビデオエンコーダのエントリーモデル「AXIS M7010/M7014」の2機種、スタンダードモデルの「AXIS P7210/P7214/P7224」の3機種、計7機種の出荷を12月中旬(予定)から順次開始する。

 固定ドームネットワークカメラで、屋内向けの「AXIS P3367-V」、屋外向けの「AXIS P3367-VE」は、5メガピクセルのイメージセンサを搭載し、HDTV 1080p、最大2592×1944ドットの高解像度映像を配信できる。H.264とMotion JPEGの複数ストリーミング、Power over Ethernet(PoE)、デジタルPTZ、マルチビューストリーミング、動体検知や音声検知などの機能を備えている。IK10等級の耐衝撃性能を備えているほか、「AXIS P3367-VE」はIP66/NEMA規格4X対応の防塵・防水性能を備えている。いずれも、空港や地下鉄、銀行、店舗など高性能が求められる映像監視システムに適している。

 「AXIS M7010」は最大16チャンネル、「AXIS M7014」は最大4チャンネルのアナログカメラ入力に対応していて、1画面に4つの映像を同時に表示するよう配信できる。D1(720×480ドット)の解像度を毎秒15フレームで送信できる上、H.264とMotion JPEGを利用した複数ストリーミング、PoE、動体検知などネットワーク映像監視に求められる基本的な機能を備えている。既存のアナログカメラを活用して、ネットワーク映像監視システムを導入する用途に適している。

 「AXIS P7210」は最大16チャンネル、「AXIS P7214」は最大4チャンネルのアナログカメラ入力に対応している。「AXIS P7224」は、サーバラック用ブレード型のビデオエンコーダで、最大4チャンネルの入力に対応している。いずれもD1の解像度で毎秒30フレームという映像を配信でき、1画面に4つの映像を同時に表示するよう配信できる。また、H.264とMotion JPEGを利用した複数ストリーミング、音声サポート、動体検知、アラーム入出力、PoEなどの機能を備えていて、既存のアナログカメラを活用した、高機能なネットワーク映像監視システムの導入に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037502


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ