NEC、高電圧直流給電システムに対応したブレードサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高電圧直流給電システムに対応したブレードサーバを発売


掲載日:2011/12/16


News

 日本電気株式会社(NEC)は、高電圧直流(HVDC)給電システムに対応するブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE-M(DC380V対応)」を発売した。

 「Express5800/SIGMABLADE-M(DC380V対応)」は、小・中規模向けブレード収納ユニット「Express5800/SIGMABLADE-M」で、高電圧直流(HVDC)給電システムに対応したモデル。筐体内蔵型のDC380V対応電源ユニットを搭載していて、高電圧直流給電システムからDC380Vで直接受電できるため、交流(AC)と直流(DC)の変換で生じる電力の無駄を削減でき、従来の交流給電(AC100〜200V)方式に比べ、電源設備を含めたデータセンタ全体の消費電力を最大20%削減できる。また、設置スペースの削減を図れる。

 HVDC 380V対応ストレージ「iStorage M」シリーズと組み合わせることで、サーバとストレージ双方でHVDC 380V給電に対応したシステムを構築できる。給電方式を統一することで、データセンタの電源設備を集約でき、設備投資や電力コストの削減を図れる。


出荷日・発売日 2011年12月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037498


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ