日本IBM、LotusLiveでメール機能も国内DCから提供、新版も提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、LotusLiveでメール機能も国内DCから提供、新版も提供


掲載日:2011/12/15


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、パブリック・クラウドで提供する企業向けコラボレーション・サービス「IBM LotusLive」で、ビジネス利用向けの機能を拡充する。

 「LotusLive」では、コラボレーション(情報共有と共同作業)・Web画面共有(Web会議/Webセミナー)・メールという3分野のサービスを提供している。コラボレーションとWeb画面共有に加え、今回、メール機能も日本国内のデータセンタ(DC)から提供開始された。これにより、国外にデータを持ち出したくないという要望に対応できるほか、パフォーマンス向上が見込まれる。

 同サービスの機能を拡張した「Lotus Live 1.5」の提供も開始された。ソーシャル・ビジネス機能が強化されていて、共同作業の場“アクティビティ”の所有者権限を譲渡できる機能が提供される。例えば、アクティビティを立ち上げた社員が、他部門への異動などで同アクティビティと無関係になった場合でも、他のメンバーに所有者権限を移譲することで、個人に依存せずにこれまでの成果を継続できる。

 「LotusLive」での共同作業で、いつ・誰が・何を・どのように更新した、といった利用状況を管理者が確認できる機能や、参加メンバーが共有可能として提供したファイルを管理者の判断で共有禁止にできる機能など、ガバナンス強化を目的に、管理者の権限が強化された。また、ドラッグ&ドロップで文書を移動できるなど、操作性も向上している。料金は変更されず、例えば「LotusLive Notes」の1人1年間の利用料金は8580円。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

Web会議システム Cisco WebEx 【ネットワンパートナーズ】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 オンラインセミナー配信サービス V-CUBE セミナー 【ブイキューブ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 RICOH Unified Communication System 【リコー】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
パソコンやスマートフォン、タブレット端末などを活用して、どこでもミーティングが可能なWeb会議システム。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 Webセミナーのライブ配信や、オンデマンドコンテンツの配信ができるクラウド型配信サービス。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 「簡単」「クラウド」「ポータブル」。いつでもどこでもつながるテレビ会議・Web会議!会議室だけでなく現場や外出先など利用シーンに合わせて選べるラインナップ!

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037459


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ