NEC、電気自動車用充電器とその運用を支援するサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、電気自動車用充電器とその運用を支援するサービスを発売


掲載日:2011/12/15


News

 日本電気株式会社(NEC)は、電気自動車用充電器を設置する事業者向けに、事業者の運用を支援するクラウド対応型急速充電器とクラウド型充電サービスを発売した。

 今回発売された充電器は、高砂製作所製の充電器をベースにクラウド対応機能を追加したもので、充電サービスの対応機能も装備している。

 充電サービスでは、遠隔制御など7種類のサービスが用意されている。遠隔制御(エネルギーマネジメント)サービスでは、NECが提供する制御画面から、充電器の休止や再起動に加え、充電電力を設定でき、例えば電力利用量の高い時間帯には充電電力のピークを抑えられる。遠隔監視サービスでは、NECが提供する監視画面から、充電器の運用状況を監視できる。

 非接触ICカードを用いた充電時の会員認証サービスが提供される。また、会員の利用実績(充電の回数/時間/電力量概算値)をクラウド側で管理し、月単位で事業者に報告する利用状況管理サービスが提供されるため、この情報を基に利用者に利用料を請求したり充電実績などの情報を提供したりできる。

 充電器の位置情報や現在の利用状況(満空情報)を表示する“充電ステーションマップ”が提供され、利用者が離れた場所から充電可能な充電器を探すことができる。また、利用者の携帯端末などに充電完了通知のメールを送信でき、利用者が電気自動車から離れていても充電が終了したことが分かる。充電器のハードウェア保守サービスや、24時間のコールセンタサービスも提供される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037451


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ