カスペルスキー、Linux向けアンチウイルス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、Linux向けアンチウイルス製品を発売


掲載日:2011/12/13


News

 株式会社カスペルスキーは、Linuxなど様々なOSで動作するファイルサーバを保護する製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server 8」と、Linuxワークステーション向けアンチウイルス製品「Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux」(英語版)を発売した。

 「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server 8」では、メインのアンチウイルスモジュールがカーネルレベルの監視を行ない、サーバのファイルシステムをリアルタイムで保護する。更に、各種データ転送プロトコルでアクセス可能なファイルシステム内のローカル・リモート両方のリソースを保護する。また、アプリケーションの状態をリアルタイムで表示できるWeb管理コンソールを備え、アプリケーションの設定や運用管理を支援する。

 現バージョンのFreeBSDに対応しているほか、VMware Ready認証を取得していて、物理環境/仮想環境の区別なく、Linux/FreeBSDベースのファイルサーバ上に保存される様々なファイルを保護できる。Sambaサーバにも対応している。

 アンチウイルスエンジンでは、新しいヒューリスティックテクノロジーと、従来のシグネチャベースのマルウェア検知メソッドを組み合わせることで、悪性オブジェクトの検知率が向上していて、未知の新しいマルウェアからもサーバを保護できる。また、悪性の疑いがあるオブジェクトは隔離領域に保管される。感染ファイルの削除や処置を行なう際には、元のファイルが複製され、バックアップ領域内に保存される。ファイル形式や属性はそのままでバックアップされるため、データが消失して業務が遅延するなどの問題を防げる。

 「Kaspersky Endpoint Security 8 for Linux」は、企業ネットワーク上でUNIXベースのOSが動作するエンドポイントを、様々なマルウェアなどから保護できる。アンチウイルスエンジンが刷新されていて、システムスキャン速度が向上しているほか、システムリソース使用量が最適化され、他のプログラムへの影響を抑えられる。また、従来のシグネチャベースのスキャンに加え、強化されたヒューリスティックアナライザでエンドポイントを保護でき、過去に検知された脅威と似たふるまいをする未知の脅威を検知できる。

 両製品とも、一元管理ツール「Kaspersky Security Center」を使用して管理できる。


出荷日・発売日 2011年12月12日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037409


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ