SCSK、多段階にポリシーを設定できる帯域制御装置を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、多段階にポリシーを設定できる帯域制御装置を提供


掲載日:2011/12/13


News

 SCSK株式会社は、様々なアプローチでトラフィックの最適化を図れる、米Procera Networks,Inc.製の帯域制御装置「Procera PacketLogic」シリーズの提供を開始した。

 「PacketLogic」シリーズでは、多段階にポリシーを設定できるシェーピング機能を備えているほか、1600以上のシグネチャを装備し、迅速にシグネチャが提供される。また、様々なレポート機能を装備し、リアルタイムモニタリングが可能。従量課金などの新しい料金体系の構築も図れる。エンタープライズモデルからキャリアグレードモデルまで様々なラインアップが用意されている。

 同シリーズを導入することで、ネットワークの動作の優先付けやポリシーによる規制を実施でき、ユーザトラフィックの公平利用や設備投資の抑制を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN高速化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化」関連情報をランダムに表示しています。

「WAN高速化」関連の製品

IoTで事業を展開する際に重要なLPWAの通信規格「LoRaWAN」の特徴 【センスウェイ】 “次のビジネス”を生み出す「IoT」の活用に必須の通信プラットフォームとは 【センスウェイ】 ビジネス変革に成功する企業はなぜ「SD-WAN」に注目するのか? 【テルストラ・ジャパン】 LPWAの通信規格「LoRaWAN」を活用し理想のIoTビジネス環境を構築 【センスウェイ】
WAN高速化 WAN高速化 WAN高速化 WAN高速化
IoTで事業を展開する際に重要なLPWAの通信規格「LoRaWAN」の特徴 “次のビジネス”を生み出す「IoT」の活用に必須の通信プラットフォームとは ビジネス変革に成功する企業はなぜ「SD-WAN」に注目するのか? LPWAの通信規格「LoRaWAN」を活用し理想のIoTビジネス環境を構築

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037408


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ