シスメックスRA、接点信号を相互接続するための通信装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シスメックスRA、接点信号を相互接続するための通信装置を発売


掲載日:2011/12/12


News

 シスメックスRA株式会社は、「P-Watcher」シリーズの新製品で、RS-422A/485通信データや接点信号に対応したリモートコンバータ「PW-485」を2012年1月末に発売する。価格は2万1800円。

 「PW-485」は、異常信号や警報ランプなどを監視・制御するための接点信号を、ネットワーク上のホストPCと相互接続するための通信装置で、工場内の諸設備やビルのエレベーター、倉庫内部の温度コントロールなど、PCでは取り込めないI/O(入力/出力)を変換し、ネットワーク上のホストPCからの遠隔監視・制御を行なえる。シリアル通信と接点入出力の2つのインターフェースは併用でき、ネットワークを通じて同時制御できる。

 95mm×80mm×22mm(突起物除く)とコンパクトなボディで、場所を問わず設置でき、-20度の低温環境でも動作する。接点入出力を各2点搭載に絞ることで、従来製品の約2分の1の低価格を達成している。設置環境に応じて、付属のACアダプタまたは端子台接続を利用した電源入力(DC12〜24V)を選択できる。

 通信接続距離(RS-422A/485の通信距離は1.2km)が長く、自動車工場・各種プラント・電力会社施設・造船所といった敷地面積の比較的広い工場、大型ビルや病院・倉庫などの遠隔監視、固定カメラでのセキュリティ監視システムなどでのユーザニーズに対応する。地震発生時に警報を出して電気製品などをオフにするような“地震防災システム”や、省エネ需要に対応する空調設備の温度監視、電力監視も、PCのない環境で、低コストでネットワーク化できる。



出荷日・発売日 2012年1月下旬 発売
価格 2万1800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037395


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ