日本IBMとNEC、Webアプリの脆弱性を迅速に発見・補修可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBMとNEC、Webアプリの脆弱性を迅速に発見・補修可能に


掲載日:2011/12/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社と日本電気株式会社(NEC)は、業務で使用される様々なWebアプリケーションの脆弱性を迅速に発見し、補修する「Webアプリケーションセキュア開発ソリューション」を発売した。

 「Webアプリケーションセキュア開発ソリューション」は、IBMのWebアプリケーション脆弱性診断ツール「IBM Rational AppScan」とNECのWebアプリケーション脆弱性補修モジュール「IncidentArmor」を組み合わせたソリューション。「AppScan」は、5000種類を超える項目でWebアプリケーションの脆弱性を診断できる。「IncidentArmor」は、その診断結果のファイルをもとに自動的に補修のためのルールを生成し、緊急度の高い脆弱性を中心に迅速に補修できる。システム固有の条件に対応するためにルールをカスタマイズすることもできる。これらのツールは、操作画面や補修の適用個所が直感的なGUIで提供されるため、簡単に操作できる。

 これにより、様々な業務システムで利用されるWebアプリケーションの品質を開発段階から向上できるほか、セキュリティ品質向上に掛かる負担を軽減できる。

 また、「IncidentArmor」が稼働するプラットフォームとして、NECのWebアプリケーションサーバ「WebOTX」に加え、IBMのWebアプリケーションサーバ「WebSphere Application Server」にも対応した。

 価格は、「IncidentArmor」を半年間使用する場合で540万円から。


出荷日・発売日 2011年12月7日 発売
価格 540万円〜

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037353


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ