Zenlok、大容量ファイルを暗号化して送信できるサービスを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Zenlok、大容量ファイルを暗号化して送信できるサービスを発表


掲載日:2011/12/08


News

 Zenlok株式会社は、大容量のファイルを安全/簡単に送信できるサービス「Zenlokベーシック」「Zenlokプレミアム」をリリースした。

 「Zenlokベーシック」「Zenlokプレミアム」は、PKI(公開鍵暗号化方式)を装備し、暗号化して送信できる。Zenlokのサイトを通じてファイルを送信するため、特別なソフトウェアのインストールは不要。送りたいファイルを選択し、送信相手のメールアドレスを指定することで、相手にリアルタイムに送信できる。受信者がファイルを受け取ったかどうかの確認や、誤送信の際のリコール(送信取消)も可能で、ビジネスでの重要なファイルの送信にも利用できる。

 「Zenlokベーシック」は無料で、最大1GBのファイルを送信できる。「Zenlokプレミアム」は月額315円(税込)で、最大2GBのファイルを、合計1TBになるまで送信できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「Zenlok」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037350


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ