Quest、データ重複排除など対応のVMware用データ保護の新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Quest、データ重複排除など対応のVMware用データ保護の新版出荷


掲載日:2011/12/08


News

 日本クエスト・ソフトウェア株式会社(Quest)は、VMware vSphere 5に対応したVMware ESX/ESXi用データ保護ソリューションで、バックアップ/レプリケーション/リカバリを行なえるソフトウェア「vRanger」の新バージョン「5.3」の出荷を2012年1月(予定)に開始する。

 「vRanger」は、VMware専用のデータ保護製品で、1つの製品でバックアップ、レプリケーション、リカバリを行なえる。今回出荷される「vRanger 5.3」は、最新のVMware vSphere 5に対応したほか、Quest NetVault SmartDiskをバックアップ・デバイスとして利用することで、データ重複排除の対応を図れる。

 2012年には、Recovery Manager for Exchangeとも統合され、Microsoft Exchangeのアイテム単位のリカバリも図れるほか、今後も、様々な機能と組み合わせることで、仮想化データ保護ストラテジーを最適化するソリューションへの拡充が図られる。

 VDDK5に対応し、新しいvStorage APIとStorage vMotionをサポートしたことで、SAN上のVMFS5データの保護を図れる。従来のESXサーバのレプリケーションに加え、vRangerバーチャル アプライアンスを利用した、VMware ESXiサーバへのレプリケーション、VMware ESXiサーバからのレプリケーション、VMware ESXiサーバ間のレプリケーションがサポートされた。

 バックアップ データの保存先(リポジトリ)として、ストレージコストの削減を図れるデータ重複排除機能を備えたNetVault SmartDiskをサポート。NetVault SmartDiskのバイトレベルの可変長ブロック・ベースの重複排除機能と、より多くの保護データを格納できる「vRanger」のデータ削減技術を利用することで、ディスク バックアップ ストレージの使用容量の削減を図れる。

 エンタープライズ・バックアップ/リカバリ製品「Quest Recovery Manager for SharePoint(RMSP)」と統合されたことで、Microsoft SharePointのリカバリを行なえ、vRangerで取得したイメージ・ベースのバックアップ アーカイブから、仮想マシン全体、ファイルのリカバリ、より細かいサイト単位、アイテム単位でのリストアを行なえる。RMSPの検索をvRangerから直接行なえるようになったことで、統合されたリカバリ機能が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。 日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037342


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ