提携:DALと富士ゼロックス、EDI連携のFAX自動送信システム提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:DALと富士ゼロックス、EDI連携のFAX自動送信システム提供


掲載日:2011/12/07


News

 株式会社データ・アプリケーション(DAL)は、富士ゼロックス株式会社と協業し、EDI(電子データ交換)パッケージ・ソフトウェア「ACMS」シリーズと連携した「FAX自動送信システム」を12月19日(予定)に発売する。

 「FAX自動送信システム」は、富士ゼロックスと共同開発したソリューションで、FAX連携機能(オプション機能)を搭載した「ACMS」と、富士ゼロックスが開発したEDI/FAXコンバータ「EDI連携FAX送信ボックス」を組み合わせることで、EDIが未導入の取引先に対するFAXの自動送信を行なえる。また、株式会社エイチ・オー・エスの帳票設計ツール「FAX送信ボックス専用シーオーリポーツ 帳票クリエータ for Java Ver.2 開発キット」を利用することで、帳票フォームの作成やレイアウト変更を容易に行なえる。

 複合機を有効活用しながら、EDIに未対応の企業との取引効率化を図れ、取引業務全体の統合的な管理を行なえる。

 「ACMS」シリーズで「FAX自動送信システム」に対応するのは、企業内外のシステム・アプリケーションをシームレスに連携するBtoBインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」、企業間のデータ連携環境を容易に構築できるBtoBサーバ「ACMS B2B」、中小企業向け「ACMS B2B LE」の3製品で、既存の「ACMS」ユーザは、FAX連携機能と「EDI連携FAX送信ボックス」を追加導入するだけでFAX自動送信の環境を構築でき、従来の専用FAXサーバで構築する場合に比べ、コストを半分程度に低減できる。また、FAX配信サービスを利用する場合に比べ低コストで、効率的、柔軟に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037336


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ