JTS、ポータル機能を追加した無料グループウェアをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JTS、ポータル機能を追加した無料グループウェアをリリース


掲載日:2011/12/07


News

 日本トータルシステム株式会社(JTS)は、中小企業でも利用できる、ポータル機能を追加した無料グループウェア「GroupSession Version4.0.0」をリリースした。

 「GroupSession」は、ユーザ数無制限で利用できるWeb型のグループウェア。ソースコードが公開されていて、Javaで作成されているためサーバ/クライアントともOSに非依存で動作する。

 今回のバージョンでは、ポートレットと呼ばれるコンテンツ部品を作成したり、URLを設定するなどして独自のポータルを簡単に構築できる機能が追加された。また、複数のポータルを作成できるため、全社ポータルのほかに、部課単位のポータルや、コンプライアンスなどの取り組み用ポータルを構築することもできる。自社システム/サイトなどへリンクし、業務システムのダッシュボードとして利用することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 【日本マイクロソフト】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦 【KDDI】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
なぜ Office 365 は急な組織変更にも迅速に対応できるのか? 働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 Office 365移行に立ちはだかる“Notesの壁”――赤木乳業の挑戦

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037322


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ