ロデスター、社内PC・社内システムへのリモートアクセス製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロデスター、社内PC・社内システムへのリモートアクセス製品発売


掲載日:2011/12/06


News

 株式会社ロデスターは、社外PCから社内PC・社内システムに簡単・安全にリモートアクセスして作業を行なえるソリューション「ALMリモート・ナビゲータ」を発売した。価格は、5ライセンスで28万5000円から。

 「ALMリモート・ナビゲータ」では、社外からのアクセスにUSBキー等が不要(USBキーなど認証キーを希望する場合は応相談)。Webブラウザで専用のURLにアクセスし、ログイン画面が表示されたら、ID/パスワードを入力することで、簡単に社内PCや社内システムにアクセスし、社内感覚で作業できる。社外からファイルサーバや社内ポータルにアクセスできるほか、ワークフローでの認証業務を行なえる。また、簡単な操作で接続できるので、社内の教育への負担を軽減でき、エンドユーザもすぐに使い始められる。

 “IDとパスワード”“使用するPCのMACアドレス”の2要素認証が可能。決められたPCにのみリモートアクセスを許可するよう設定できる。また、アクセスした側のPC端末にはデータが残らないので、情報漏洩のリスクを軽減できる。印刷を行なわないよう設定することもできる(Terminal serviceの場合)。

 社内システムのWeb化やバージョンアップが不要で、現状のままでリモートアクセスが可能。ファイルサーバ/ワークフロー/社内ポータルなどに加え、社内のレガシーシステム上のアプリケーションもブラウザ上に表示でき、“当面、現在のバージョンにて使用したい”というニーズを持つユーザに適している。また、既存のネットワーク構成の変更が不要で、短期間で導入できる。


出荷日・発売日 2011年12月5日 発売
価格 5ライセンス:28万5000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「リモートアクセス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

「リモートアクセス」関連の製品

法人向けリモートアクセスサービス CACHATTO(カチャット) 【ソフトバンク コマース&サービス】 リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト 【TOKAIコミュニケーションズ】 リモートデスクトップサービス 「AnyClutch Remote」 【ソフトバンク コマース&サービス】 PacketiX Desktop VPN オンラインサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュア・リモートデスクトップツール RemoteView 【ソフトバンク コマース&サービス】
リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス
高水準のセキュリティ機能を実装しながらも、利便性の高いリモートアクセスサービス。社内システムに「CACHATTOサーバ」を「カチャっと」つなぐだけで、すぐに利用可能。 インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、
オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。
スマートフォンやタブレット(Android OS/iOS)、モバイルPCなどで、外出先からいつでも会社や自宅のPCを安全かつスピーディーに遠隔操作できるリモートアクセスサービス。 RSA 1024bitの暗号化によるSSL-VPNトンネリングを用い、簡単でセキュアなリモートアクセスを実現するオンラインサービス。 独自の高圧縮転送技術(VRVDエンジン)により、ストレスを感じさせない操作感を実現したリモートデスクトップツール。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037302


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ