日本HP、重複排除バックアップストレージ発売、NASなども発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、重複排除バックアップストレージ発売、NASなども発表


掲載日:2011/12/02


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ストレージ製品「HP Storage」のラインアップを強化し、優れたスケーラビリティと高い可用性を備えた重複排除バックアップストレージ製品「HP B6200 StoreOnce Backup System」を発売した。また、今後のHP Storageのベースになる新共通プラットフォームを採用したミッドレンジ向けのファイルサーバNASアプライアンス「HP X5000 G2 Network Storage System」と、Microsoft Exchange Server 2010(Exchange 2010)に最適化した統合アプリケーションソリューション「HP E5000 G2 Messaging System」を発表した。

 「HP B6200」は、効率的に大容量データをバックアップする“StoreOnce重複排除機能”を備えた「HP StoreOnceファミリ」の最上位機種。マルチノード対応、スケールアウトのモジュール設計を採用し、優れた拡張性・可用性を備えている。複数リモート拠点のバックアップを1台に集約できるため、災害対策ソリューションとしても活用できる。

 「HP X5000 G2」は、ファイルサーバに最適化されたWindows Storage Server 2008 R2 Enterpriseを搭載し、サーバとストレージを1台に統合することで、シンプルな管理性を備えている。クイック設定ツールを利用することで、導入時のクラスタやストレージ設計も容易に行なえ、ファイルサーバの統合化を支援する。「HP E5000 G2」は、拡張性に優れたExchangeメッセージングの統合アプリケーションソリューションで、サーバ、ストレージからExchange 2010などのソフトウェア、サポートまでをワンストップで提供する。

 「HP X5000 G2」「HP E5000 G2」は、業界標準のサーバアーキテクチャをベースに、ストレージサービスを提供するために最適化され新開発されたプラットフォームを採用している。

 「HP B6200」は、データの増加に合わせて、ノード数、ストレージ容量を柔軟にスケールアップ&スケールアウトでき、効率的に大容量をバックアップできる。最大384までのリモート拠点バックアップを1つに集約できるほか、シームレスなインテグレーションと容易な管理を図れる。

 「HP X5000 G2」は、サーバとストレージの統合を図れ、ビジネスの変化に柔軟に対応する。また、「HP E5000 G2」では、対応ユーザ数とメールボックスサイズ、物理ストレージ容量が異なる、3機種5モデルがラインアップされている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037258


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ