日本HP、8.9型でセキュリティ性能を備えたスレートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、8.9型でセキュリティ性能を備えたスレートPCを発売


掲載日:2011/12/01


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、プリインストールOSにWindows 7 Professionalを搭載した法人向けスレートPC「HP Slate 2 Tablet PC(HP Slate 2)」の「Wi-Fiモデル」を1月上旬に、「Wi-Fi+3Gモデル」を2月上旬に発売する。価格はそれぞれ、6万6000円、6万9000円。

 「HP Slate 2」は、幅234mm×奥行き150mm×高さ15mm/重さ約690gで、8.9インチワイドWSVGA(1024×600ドット)タッチパネル式ディスプレイを搭載し、直感的に操作でき、コンパクトな筐体なので、場所を選ばずに使用できる。OSにWindows 7 Professionalを採用しているため、既存のIT環境に容易に導入でき、スムーズな連携を図れる。

 TPMセキュリティチップを搭載しているほか、外付けキーボードを利用せずに、タッチ操作でBIOSレベルのパスワード設定を行なえる。ファイルとフォルダの暗号化(EFS)やパーソナルセキュアドライブ(PSD)に対応する“Embedded Security for HP ProtectTools”を搭載し、盗難にあった際に遠隔操作でデータのロックや消去、盗難回収を図れる“Computrace for HP ProtectTools”に対応するなど、ビジネスに適したセキュリティ機能を搭載している。

 軽量・コンパクトな筐体ながら、USB2.0ポートやSDカードスロットを搭載し、データのやり取りも簡単に行なえる。入力方式は、指によるタッチ操作に加え、標準添付のペンを使用したペン入力にも対応、入力用のペンは、標準添付の“HP Slateケース”に収納できる。ソフトウェアキーボードを利用した入力では、指を離さずに連続してキーをなぞることでスムーズに入力できる新入力方式も搭載している。また、本体上部にはHomeボタン、Ctrl+Alt+Delボタン、音量調整ボタンを、筐体側面にはキーボードボタン、画面回転ロックボタンを備えている。

 Atom Z670プロセッサを搭載、最大約6.7時間のバッテリ駆動に対応する省電力性能を備えているほか、ストレージに64GB SSDを搭載している。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応している。専門端末への組み込み用途に適したWindows Embedded Standard 7搭載モデルも提供される。

 また同社は、USB2.0×2、HDMI端子などを搭載する「HP Slate ドッキングステーション」、有線LANに接続できる「HP USB Ethernetアダプタ」などのアクセサリーも発売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037231


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ