KDDI、米国などで仮想サーバサービス提供、日本の窓口で一括対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、米国などで仮想サーバサービス提供、日本の窓口で一括対応


掲載日:2011/12/01


News

 KDDI株式会社は、米国/シンガポールで「KDDI グローバル仮想サーバサービス」の提供を開始した。

 「KDDI グローバル仮想サーバサービス」では、KDDI AMERICA,INC.とKDDI Singapore Pte Ltd.が提供する仮想サーバサービスを、高品質/低遅延なインターネット回線とともに提供する。

 海外現地法人を有する日系企業は、海外での仮想サーバ利用とインターネット利用を一括で日本国内で契約できる。仮想サーバは信頼性に優れたデータセンタ「TELEHOUSE」内に保管され、インターネットは定額で利用できる。保守・サポートについても、日本国内の専用窓口で一括対応する。専門スタッフが、24時間365日体制で監視し、障害発生時には迅速に復旧作業を実施する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 Cisco Tetration Analytics 【シスコシステムズ】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 運用管理の自動化が進むデータセンターのポリシー検証方法 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 稼働中でもシステム拡張は可能か――ダウンタイムを抑え、影響を最小限に 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037214


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ